キューバ 危機 わかり やすく

28.12.2020
著者: Eiko

この日にソ連問題担当顧問で、後に駐ソ大使となったリュウェリン・トンプソンが出席して、フルシチョフは何らかの取引を目的にミサイルを配備し、それはベルリン問題で何らかのアメリカの譲歩を引き出すためではないか、と考えてフルシチョフに交渉の機会を与えることが大事だと主張した。いきなり軍事行動では報復を呼ぶだけであり、その後は予測も制御もできないとして、海上封鎖であればソ連は封鎖を突破しないと考えるがミサイル基地の作業の中止および撤去は難しいとの懸念を示した [27] 。. Next Article 江戸幕府ってどんな幕府?一番成功した江戸幕府と当時について徹底解説.

スティーヴンソン「通訳は必要ないでしょう。イエスかノーでお答え下さい( Don't wait for the translation, answer 'yes' or 'no'! そしてこの日の昼頃、キューバ上空を偵察飛行していた アメリカ空軍 のU-2がソ連軍の 地対空ミサイル で撃墜され、操縦していた ルドルフ・アンダーソン 少佐が死亡する事件が起こった。実は23日の会議で、もし偵察飛行中に米軍機が撃墜されるような事態が生じた場合は、SAM(地対空ミサイル)基地に1回だけ報復攻撃を加え、その後も相手が攻撃を加えて来た場合は全面的に叩き潰す方針を決定していた。従ってこれに対する行動はエクスコムのほぼ全員がSAM基地の破壊で一致した。しかしケネディはこの決定を引き戻し、キューバに対する攻撃は、ベルリンやアメリカの ジュピター・ミサイル が配置されている トルコ に対するソ連の攻撃を誘発しかねないとしてきわめて慎重な姿勢を示し、すぐに反撃ではなく1日待つこととした。しかし参謀本部は一気に態度を硬化して即時空爆を主張、10月30日の時点で大規模空爆を仕掛け、即侵攻部隊を送り込むべきとの意見が強まった。事態の緊張がさらに進み、危機が制御不能な段階までエスカレートしてしまった時の重大な結末をケネディは恐れていた [60] 。.

典拠管理 GND : LCCN : sh NARA : NKC : ph 最終更新 年3月27日 金 (日時は 個人設定 で未設定ならば UTC )。 テキストは クリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンス の下で利用可能です。追加の条件が適用される場合があります。詳細は 利用規約 を参照してください。 プライバシー・ポリシー ウィキペディアについて 免責事項 開発者 統計 Cookieに関する声明 モバイルビュー. 国連では安保理特別会合が午後に開かれて、スティーブンソン国連大使はソ連のミサイル配備を非難し、ソ連のゾーリン国連大使はキューバにミサイルがあることを認めずそれ以上の質問には一切拒否した。この時はアメリカ側は証拠となる空中写真をまだ公開していない [45] [注 27] 。この時にゾーリン国連大使もドブルイニン駐ソ大使も本国から何も知らされていなかった。国連事務総長代行ウ・タント [注 28] は米ソ両国に書簡を送り、自制を求めた。.

この記事の目次 キューバ危機までの序章 アメリカとソ連の核開発競争 アメリカとソ連の地理関係 キューバ革命とキューバ危機 アメリカとキューバの対立 キューバのソ連への急接近 アメリカの核ミサイルの発見 戦争になるかならないか 緊迫の2日間 土壇場の譲歩 冷戦の転換 米ソの雪解けへ. ウィキクォート ウィキソース コモンズ チェ・ゲバラ関連書籍一覧 ウィキデータ.

[72] ? [64] NATO 83 1 2 3 [65]. KGBABC [ 33] 7 [ 34] [57]. X 26429.

危機の13日間:後半 アメリカによる公表から数日間にわたり、両国の政府は互いに探り合いながら対応を検討していました。 危機が最大限に高まったのは、10月27日のこと です。ソ連軍が、キューバ上空を偵察中だったアメリカ空軍の偵察機を撃墜。一方で、アラスカ上空を飛行していたアメリカの偵察機が意図的ではないにせよソ連の領空に侵入する事態も発生しました。カリブ海上では、両国の海軍がさらに極限の緊張状態となっていたのです。 しかし、アメリカのケネディ大統領とソ連の最高指導者フルシチョフはどちらも、全面戦争を引き起こすような事態を望んではいませんでした。28日、 フルシチョフ第一書記はアメリカがキューバに侵攻せず、またトルコのミサイルを撤去するのであれば、それと引き換えにキューバのミサイルを撤去するとの意思を表明 。ケネディ大統領は即座にこれに合意しました。こうして、世界を震撼させたキューバ危機の恐怖は解消に向かうこととなるのです。. 今日、ケネディ政権がどこまで本気でこのマングース作戦を実行するつもりであったかは不明である [注 8] 。アメリカ軍によるキューバ侵攻作戦という大がかりな計画ではなく隠密にカストロを暗殺するものであったという見解と、一方では当時CIAはすでにカストロ体制が予想以上に強く隠密作戦だけで体制を転覆させられると考える者はなく、大規模な軍事行動が必要であるとの考えから軍事作戦の基本計画を練っていたという見解がある [5] 。. GND : LCCN : sh NARA : NKC : ph

■「キューバ危機」=核戦争の恐怖!

ケネディはこの時 海上封鎖 の実施を決断した。ケネディがその次に打つ手を自由に選べることと、フルシチョフにも選択の余地を残す利点があることで封鎖での力の誇示がソ連に考え直す機会を与えることになることが決め手であった。何よりも悪いのは何もしないことであると述べている。しかしもしミサイル基地の撤去に同意しなかった場合は意見が分かれた。多くのメンバーは空爆を支持したがマクナマラとスティーブンソン国連大使は反対し、スティーブンソンはグアンタナモ米軍基地の撤収まで言及して軍事的衝突は避けるべきであると主張した [32] 。この封鎖以外での外交交渉でのカードとしてトルコのミサイル撤去があったが、この時にはケネディは他の欧州諸国にとって関心の無いカリブ海の小国の問題で自国の利益のために欧州の安全を犠牲にするのではないか、という疑惑を裏書きすることで同盟を破壊しかねない譲歩をすべきではないと考えていた。この問題は最後の局面で重要な課題となった [注 23] 。.

このDEFCON2の発令を受けて「全面核戦争」の可能性をアメリカ中の マスコミ が報じたことを受け、アメリカ国民の多くが スーパーマーケット へ、 飲料水 や 食料 などを買いに殺到する事態が起きたほか、アメリカや イギリス では「キューバへのアメリカの介入」を非難する一部左翼団体のデモが行われた。. この他に西ベルリン市長ブラント、イタリア首相 アミントレ・ファンファーニ 、 インド 首相 ジャワハルラール・ネルー にも親書を送り、また、 OAS 諸国には現地のアメリカ大使から政府に事態を知らせた。元大統領の フーヴァー 、トルーマン、アイゼンハワーに対しては ホワイトハウス から電話でケネディ自身が状況説明を行い、さらに午後5時から議会指導者に対しても自身で状況説明を行った。この議会指導者との会談では多くの議員から反対の声が聞かれ、J・ウィリアム・フルブライト、 リチャード・ラッセル・ジュニア の両上院議員は海上封鎖に反対し、キューバ爆撃を主張した。ソ連のドブルイニン大使が国務省に招かれたのが午後6時でほぼ同じ時刻でモスクワでコーラー駐ソ大使がクレムリンに向かった。.

このエクスコムの会議には14〜15人が集まり、主な顔ぶれはジョンソン副大統領、ラスク国務長官、ボール国務次官、マクナマラ国防長官、ギルパトリック国防次官、マコーンCIA長官、ロバート・ケネディ司法長官、ディロン財務長官、スティーヴンソン国連大使、テイラー統合参謀本部議長、マクジョージ・バンディ補佐官、オドンネル大統領特別補佐官、ソレンセン大統領顧問、アチソン元国務長官、ラヴェット元国防長官などであった [18] 。この席でケネディは直面する危険とこれに対処するあらゆる行動を即時徹底的に調査するように命じた。そして徹底した機密保持も命じた。この10月16日から13日間が歴史に深く刻まれ核戦争の寸前までいったキューバ危機の期間である。.

危機の13日間:後半 アメリカによる公表から数日間にわたり、両国の政府は互いに探り合いながら対応を検討していました。 危機が最大限に高まったのは、10月27日のこと です。ソ連軍が、キューバ上空を偵察中だったアメリカ空軍の偵察機を撃墜。一方で、アラスカ上空を飛行していたアメリカの偵察機が意図的ではないにせよソ連の領空に侵入する事態も発生しました。カリブ海上では、両国の海軍がさらに極限の緊張状態となっていたのです。 しかし、アメリカのケネディ大統領とソ連の最高指導者フルシチョフはどちらも、全面戦争を引き起こすような事態を望んではいませんでした。28日、 フルシチョフ第一書記はアメリカがキューバに侵攻せず、またトルコのミサイルを撤去するのであれば、それと引き換えにキューバのミサイルを撤去するとの意思を表明 。ケネディ大統領は即座にこれに合意しました。こうして、世界を震撼させたキューバ危機の恐怖は解消に向かうこととなるのです。. 教養 歴史. 今日、ケネディ政権がどこまで本気でこのマングース作戦を実行するつもりであったかは不明である [注 8] 。アメリカ軍によるキューバ侵攻作戦という大がかりな計画ではなく隠密にカストロを暗殺するものであったという見解と、一方では当時CIAはすでにカストロ体制が予想以上に強く隠密作戦だけで体制を転覆させられると考える者はなく、大規模な軍事行動が必要であるとの考えから軍事作戦の基本計画を練っていたという見解がある [5] 。.

[81]. 2 40. 1 [ 16] .

キューバ危機(1962)はなぜ回避できたのか?

ゲバラ主義 フォコ理論 ゲリラ戦争 マルクス主義 社会主義 反帝国主義 反資本主義. 外務省について 会見・発表・広報 外交政策 国・地域 海外渡航・滞在 申請・手続き. マクナマラは、16日夕方の会議で海上封鎖をしてキューバの動きを見守り、その反応によってはソ連と戦うと述べた [20] 。ロバート・ケネディは、事前警告無しの空爆は「 真珠湾攻撃 の裏返し」であり歴史に汚名を残すと述べ、この事前警告をした場合は逆にソ連に反撃のチャンスを与え、かつフルシチョフが反撃に乗り出さざるを得ない状況に追い込んで、却って危険な状況となることが予想された。.

: ISBN GND LCCN. 22 NATO. 1030 [73]. [74] 1120.

キューバ危機が起こった原因とは?

冷戦 終結後にロシアの公開した情報によると、キューバ危機の時点でソ連は既にキューバに核ミサイル( ワシントンD. 名前空間 ページ ノート. この記事の目次 キューバ危機までの序章 アメリカとソ連の核開発競争 アメリカとソ連の地理関係 キューバ革命とキューバ危機 アメリカとキューバの対立 キューバのソ連への急接近 アメリカの核ミサイルの発見 戦争になるかならないか 緊迫の2日間 土壇場の譲歩 冷戦の転換 米ソの雪解けへ.

[74] 1120. Related Posts! [3]. 1016 CIA [ 15] 1691145 .

■「キューバ危機」ってなんだ??

フルシチョフの意図がベルリン問題について自分の選択肢を増やすことにあるのは間違いありません。ゆえにカリブ海と同様にベルリンについても十分な役割を果たす用意をすべきです。・・もしフルシチョフが、弱さや不決断を当てにして行動しているのなら、それは彼の誤算であると知るべきだということです [34] 。. そしてケネディ大統領は 10月22日 午後7時(東部標準時)からテレビ・ラジオを通じてアメリカ国民にキューバにおける新しい事態の説明を始めた。. これに対抗する形で、アメリカはキューバからの砂糖の輸入をさらに大幅に制限。一部を除いて、キューバへの輸出も禁止してしまいました。こうして、長く続く アメリカからのキューバへの経済制裁 が始まったのです。.

Next Article. Previous Article. [ 10]. [80] ?

 また調べる...